聖書の叙事詩譚をどう見るべきか

パラマウント映画が作り上げる、映画の形

大衆の反応として

日本にとっては1つの洋画として扱われるが、それ以外の、特にキリスト教が根強く信仰されている地域にしてみれば、叙事詩を題材にした映画作品とはいかなるものかと気になるところだ。総括して話すと、やはりキリスト教徒にしてみれば賛否両論といえるが、否定的な意見の方が圧倒的に多いと見るべきところ。これについては仕方ないとしよう、宗教上の問題を取り上げるとキリがなくなってしまうため、映画作品としてはどれだけの人の関心を集められたかを中心に話して行こう。

興行収入という目安

意見についてもこの際良いとして、映画が人気があるかどうかを知るための分かりやすい指針として見るべきポイントはやはり『興行収入』だ。そこまで大きな違いを示していないだろうと思われるが、地域によっては同作品が高く評価されているのを知ることが出来るため、地域事に分けてみてみよう。

地域ごとの反応

  • ・北アメリカの場合:公開書週末3日間でおよそ4,370万ドルを売上に成功し、初登場1位を記録する。監督にとっても、また主演のラッセル・クロウにとってもこれは過去最高額の成績となった。
  • ・ロシアの場合:パラマウント映画という枠の中で歴代最高の初週末成績となる、1,720万ドルを記録することに成功した。
  • ・ブラジルの場合:パラマウント映画の中では、歴代4位となる980万ドルの成績を記録することに成功し、ロシア同様ヒット作として語られている。
  • ・韓国の場合:公開初日に110万ドルという記録を樹立し、2014年に公開された映画作品の中でも、一日で記録した興行成績としては最高クラスと称されている。
  • ・日本の場合:世界で一番最後に公開された地域でありながら、公開初日にはおよそ8,000万円の初日興行収入を記録し、2014年公開作品の中でもトップクラスとなる記録を樹立した。

世界的に見た結果、同作品は総じて大ヒットしたと十分にいえる。作品に関しての感想はこの際関係なく、映画を制作した側としては話題性なども加味すれば十分に商業作品として大成していると表現して問題ない。中には誹謗中傷、映像に関してどうしても受け付けられないなどという声も上がっているが、もはやそれを気にするようなものではないだろう。

そうした声が広がるのは娯楽文化にはよくある話だ、そういう点も含めて考えても十二分に世間へのアピールは十分為されている、それだけははっきりとしている。そもそも叙事詩としてあまりに有名すぎるノアの方舟を、映画作品として映像化するなら批判が殺到するのはもはや避けては通れない関門だ。受け止めつつ、この作品に対してどう感じるかは見た人、それぞれの感想に基づいてくれれば良い。

有名だからこそ出来ない

ノアの方舟を題材にした『ノア 約束の舟』についてはよく映像化できたなと素直に言いたい。そもそも誹謗中傷を述べるなら誰でも出来る、それも世界中の人々にその存在を認知されており、取り上げれば必ず良くない意見も出てくる事を考えると、ヒットするか否かはやはり脚本と監督、双方の腕の見せ所だ。生半可な形で映像化すれば当然批判ばかり集中してしまう、叙事詩として知られているからこそ中途半端には出来ない。

長い年月を掛けて作ったからこその出来と思えば、解釈に関してここは違うというのはもはや細かいものだ。映画という娯楽文化で作られた一作品と見ればいいだろう。問答はこの際無用、少しでも興味関心を持ったなら見るべきだと思って鑑賞してもらいたい。

パラマウント作品が好きな方へ

在日韓国人・朝鮮人の方が亡くなられた場合、日本の法律だけではなく、亡くなった外国人の本国の法律が大きく影響する為、お困りになられる方が多く見受けられます。韓国 相続当てはまったらぜひご相談を!